薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本

ホーム > 薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本 > アテックが少数精鋭を貫いている理由
アテックが少数精鋭を貫いている理由

「700件も手がければ、あとからクレームがきたケースがあるのでは?」。薬局オーナーの方から、そんな質問を受けることがあります。しかし、譲渡が完了した後にクレームが発生し、大きなもめごとになったことは、一度もありません。

大きなトラブルを起こしていない理由の一つは、「ムリに契約をまとめようとしない」からでしょう。

弊社は、売り手に譲渡先の候補を提案した時に、少しでも売り手が「合わない」と感じていたら、強引にすすめるようなことはしません。あとでトラブルになることは目に見えているからです。

のちのちトラブルが起こりそうな案件が来ると、私どもから遠慮させていただくこともしばしばあります。たとえば、売り手から「どんな相手でもいいし、安くてもいいから、できるだけ早く譲渡先を決めてほしい」「明日、明後日でケリがつかないか」と言われることがあるのですが、こうした要望を受けても、私たちは急ぐことなく、その薬局について、じっくりと調査させていただきます。このようなケースは、売り手が何らかのウィークポイントを隠していることが多いからです。当然、そんな薬局を買い手に紹介すれば、買い手に迷惑がかかりますし、弊社の信用も損なわれます。

かつて「仲介料を多めに払うから、なんとか譲渡先を見つけてほしい」と言われたこともありますが、この時も仲介をお断りさせていただきました。

アテックが少数精鋭を貫いているのは、会社の規模を拡大すると、このような判断がとりにくくなることもあります。

アテック株式会社 取締役社長 鈴木 孝雄
「薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本」より

前のページへ

21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
  • 事業承継の知恵袋
  • 財務カイゼンの勘どころ
  • 21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
  • 薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
  • 薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法

上手に薬局を譲渡するための、
たった一つの方法

事業譲渡or株式譲渡私のお店はどちらが正解?薬局系事業承継の決定版です。

薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本

薬局オーナーのための
ハッピー・M&A読本

「経営者」「従業員」「患者」「医療機関」すべてを幸せにするM&Aの手法が1冊でわかる!アテック代表 鈴木孝雄著作です。


このページの先頭へ
0120-11-4721
お問い合わせ