薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本

ホーム > 薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本 > 薬局譲渡はタイミングが大切

薬局譲渡はタイミングが大切

調剤薬局の経営環境は一段と厳しくなる

もっとも、売り手市場とはいえ、今後も好条件で譲渡できるかは未知数、と私は予測しています。調剤薬局の経営環境が一段と厳しくなっているからです。

ご存じの通り、ひと昔前の薬局は非常に利益率の高い商売でしたが、もはやそんな時代は終わったことを、皆さんも実感していることでしょう。そのターニングポイントは、2000年4月の薬価改定。以来、薬価がどんどん切り下げられたことで、薬価差益が十分に確保できなくなり、薬局の経営は、極端に悪化してきています。

厚生労働省が2009年に実施した「第17回医療経済実態調査」を見れば、全国的に厳しい状況であることがよく分かります(※下表1参照)。「保険薬局の1施設あたりの月間損益」は、収益は増加していますが、費用がそれ以上に増えており、損益差額は54万9000円。2年前は84万3000円ですから、なんと30万円近く減少しています。

また、医薬分業率の伸びも鈍化しています。日本薬剤師会の調査では、ここ5年の分業率の伸びは、0.3~1.9%と微増にとどまっています(※下表2参照)。医療費抑制の流れからいって、今後も薬価が改定され、ますます薬価差が下がるのは、間違いありません。今後は、国を挙げたジェネリックの普及政策により、医薬品の在庫負担が大きくなることも確実でしょう。

以上の要素から推測すると、今後は、経営基盤の弱い薬局は、次々と淘汰されると考えられます。現在、調剤薬局の件数は全国に5万3304件(厚生労働省調べ)。これまでは右肩上がりで増えてきました。しかし、私の予測では、今後5年で、2万店近くが廃業に追い込まれ、3万4000~3万8000店に減ると見ています。廃業には至らなくても、利益を大幅に減らす薬局はかなりの数に上るはずです。

M&Aをするにしても、収益力が下がれば、それだけ、薬局の評価額が下がることも十分に考えられます。薬局の譲渡を検討するなら、タイミングについても、十分考慮すべきでしょう。

表1. 保険薬局の収益は悪化している(1施設当たり損益)
  個人 法人 全体
金額(千円) 金額(千円) 金額(千円)
19年6月 21年6月 19年6月 21年6月 19年6月 21年6月
Ⅰ 収益 6,775 7,683 12,446 13,416 11,935 12,953
 1.保険調剤収益 6,421 7,423 11,637 12,866 11,167 12,427
 2.公害等調剤収益 13 6 34 29 32 27
 3.その他の薬局事業収益 340 254 775 521 736 499
Ⅱ 介護収益 5 7 33 24 30 23
 1.居宅サービス収益 5 7 15 24 14 23
 2.その他の介護収益 0 0 18 1 16 0
Ⅲ 費用 5,944 6,958 11,634 12,907 11,122 12,427
 1.給与費 661 838 2,030 2,225 1,907 2,113
 2.医薬品等費 4,713 5,387 8,433 9,352 8,098 9,031
 3.委託費 1 27 41 48 37 46
 4.減価償却費 85 81 120 118 117 115
 (再掲)建物減価償却費 34 29 44 37 43 37
 (再掲)調剤用機器減価償却費 16 15 25 31 24 29
 5.その他の経費 485 624 1,010 1,165 963 1,121
Ⅳ 損益差額(Ⅰ+Ⅱ-Ⅲ) 835 733 844 533 843 549
Ⅴ 税金     143 129    
Ⅵ 税引後の総損益差額(Ⅳ-Ⅴ)     701 404    
施設数 81 78 818 888 899 966
処方せん枚数 1,035 1,018 1,681 1,636 1,623 1,586

厚生労働省「第17回・医療経済実態調査」より。保険薬局1施設の1カ月あたりの平均損益を表している。平成19年6月と21年6月を比較すると、約30万円、35%も減少している

表2. 医薬分業率の伸びは鈍化している
 処方せん受取率
(医薬分業率)
前年比増加率処方せん枚数前年比増加率
2005年度54.1%+0.3%6億4508万枚+4.2%
2006年度55.8%+1.7%6億6083万枚+2.4%
2007年度57.2%+1.4%6億8375万枚+3.5%
2008年度59.1%+1.9%6億9436万枚+1.6%
2009年度60.7%+1.6%7億222万枚+1.1%

日本薬剤師会「処方せん受取率の推計」より。ここ5年の医薬分業率の伸びは、0.3~1.9%と微増に止まっている。処方せん枚数の伸びも鈍化している

アテック株式会社 取締役社長 鈴木 孝雄
「薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本」より

前のページへ

21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
  • 事業承継の知恵袋
  • 財務カイゼンの勘どころ
  • 21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
  • 薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
  • 薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法

上手に薬局を譲渡するための、
たった一つの方法

事業譲渡or株式譲渡私のお店はどちらが正解?薬局系事業承継の決定版です。

薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本

薬局オーナーのための
ハッピー・M&A読本

「経営者」「従業員」「患者」「医療機関」すべてを幸せにするM&Aの手法が1冊でわかる!アテック代表 鈴木孝雄著作です。


このページの先頭へ
0120-11-4721
お問い合わせ