上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法

ホーム > 上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法 > 《失敗コラム5》息子を社長にした途端、放蕩が始まった!

《失敗コラム5》息子を社長にした途端、放蕩が始まった!

どの段階で子供を社長にするのか。力量不足の場合はどうするのか。薬剤師の子供を持つ薬局オーナーの共通の悩みでしょう。

5店舗を展開していたEさんの場合は、早く継がせすぎて大失敗をしました。息子のFさんは、小さいころからまじめで聡明。薬学部卒業後は製薬会社の研究職になりました。しかし、Eさんが心臓病で倒れると、製薬会社をやめて戻ってきました。知識豊富なFさんの話は面白く、あっという間に従業員たちの心をつかみました。

幸いEさんは回復しましたが、息子を、頼もしく思えたので、彼の30歳の誕生日の日に社長の座をプレゼントしました。

ところが、残念ながら期待通りにはいきませんでした。30歳の若さで5店舗の薬局のオーナーになったFさんは、どこにいってもチヤホヤされます。まじめ一筋で来ただけに反動で舞い上がってしまいました。高級外車を乗り回し、ブランド品で身を固め、さらに連日、従業員を引き連れてキャバクラなどに飲みにいくことも……。

従業員のミスは増え、地域からも、ドクターからも信用もガタ落ちになりました。結局、Eさんは信用回復のために、Fさんのクビを切り、老体にムチ打って、再び社長職をつづけざるをえなくなりました。後継者については、第三者の目も活用して選びたいものです。



薬局系事業承継の決定版
「上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法」より

前のページへ

21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
  • 事業承継の知恵袋
  • 財務カイゼンの勘どころ
  • 21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
  • 薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
  • 薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法

上手に薬局を譲渡するための、
たった一つの方法

事業譲渡or株式譲渡私のお店はどちらが正解?薬局系事業承継の決定版です。

薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本

薬局オーナーのための
ハッピー・M&A読本

「経営者」「従業員」「患者」「医療機関」すべてを幸せにするM&Aの手法が1冊でわかる!アテック代表 鈴木孝雄著作です。


このページの先頭へ
0120-11-4721
お問い合わせ