上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法

ホーム > 上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法 > 《失敗コラム1》事業譲渡に法人税がかかるのを忘れていた!

《失敗コラム1》事業譲渡に法人税がかかるのを忘れていた!

「一部の店舗だけ売りたい」。こういう希望を持ったオーナーさんは少なくありません。

譲渡の理由はどうあれ、会社が儲かっている場合は要注意。たとえば、首都圏で5店舗展開していた優良薬局チェーンのオーナーAさんは、1店舗を譲渡した時、法人税の存在を見逃していました。結果としてAさんは納税の時に金策で走り回ることになりました。

法人税を失念していた原因は、「一刻も早く譲渡しなければ」という焦り。その店はクリニックへの義理で出店したのですが、売上が思わしくないことに加えて、薬剤師の確保も難航。Aさんはすっかり困り果てていたからです。

そこに、地元中心に展開している薬局チェーンから問題の店を買いたいという申し出があったのです。価格も悪くありません。「こんなチャンスは二度とない!」。Aさんの頭は、一刻も早く手放すことでいっぱいになってしまったのです。

しかし、Aさんの会社のような優良企業が店舗を譲渡すれば、譲渡益は全額法人税の課税対象になります。法人税は地方税・国税合わせて3割以上と高額です。

納税の時にあわてないように、まずはしっかりした資金計画をたてるべきでしょう。



薬局系事業承継の決定版
「上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法」より

前のページへ

21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
  • 事業承継の知恵袋
  • 財務カイゼンの勘どころ
  • 21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
  • 薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
  • 薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法

上手に薬局を譲渡するための、
たった一つの方法

事業譲渡or株式譲渡私のお店はどちらが正解?薬局系事業承継の決定版です。

薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本

薬局オーナーのための
ハッピー・M&A読本

「経営者」「従業員」「患者」「医療機関」すべてを幸せにするM&Aの手法が1冊でわかる!アテック代表 鈴木孝雄著作です。


このページの先頭へ
0120-11-4721
お問い合わせ