上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法

ホーム > 上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法 > 《失敗コラム2》所得税に贈与税…。おどろくほどの支払いが。

《失敗コラム2》所得税に贈与税…。おどろくほどの支払いが。

税金の特徴は「何かアクションを起こすごとに課税される」ということです。手順や回数を考えないと、気がついたら、びっくりするほどの税金がかかることもあります。

都内で調剤薬局を営んでいたBさんは、まさに、そんなケースです。Bさんには娘二人と息子一人がおり、兄弟三人に平等に財産を渡したいと考えていました。平等に分ける最適な手段は現金です。1円単位で分けられますからね。

そこで、Bさんは店舗を売却して現金化して分けることにしたのです。Bさんの自宅や車など、いくつかの個人資産が会社名義になっていたので、店舗は事業譲渡によって手放すことにしました。事業譲渡はBさんの会社の収入になるので法人税が課税されました。そこからBさんが退職金として薬局の売却益を受け取ったので、今度は所得税が課税されました。残った現金を子供たちに渡す段階で贈与税が課税されました。

確かに子供たちに平等に財産を分けることはできましたが、財産のかなりの部分は税金の支払いに消えました。子供たちに財産の生前贈与をすると決めたら、あわせて、どういう手順で渡すのかも検討したいものです。



薬局系事業承継の決定版
「上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法」より

前のページへ

21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
  • 事業承継の知恵袋
  • 財務カイゼンの勘どころ
  • 21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
  • 薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
  • 薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法

上手に薬局を譲渡するための、
たった一つの方法

事業譲渡or株式譲渡私のお店はどちらが正解?薬局系事業承継の決定版です。

薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本

薬局オーナーのための
ハッピー・M&A読本

「経営者」「従業員」「患者」「医療機関」すべてを幸せにするM&Aの手法が1冊でわかる!アテック代表 鈴木孝雄著作です。


このページの先頭へ
0120-11-4721
お問い合わせ