【コラム】<br>事業承継の知恵袋

ホーム > 薬局経営コラム > 事業承継の知恵袋 - 増え続ける「M&A」
おカネだけではハッピーになれない

増え続ける「M&A」

ここでは最も増えている事業承継方法である「M&A」について解説します。

おカネだけではハッピーになれない

子供が継ぐ割合は8割から4割へ

30年ほど前は、およそ8割の中小企業が子供に事業を継がせていました。しかし、現在では、その比率は4割以下。かわって親族以外の承継が増えてきました。

薬局オーナーのご子息は、医師や上場企業のサラリーマンであることが多く、そもそも薬局承継の意志を持っていないケースが少なくありません。ですから、子供に継がせるのが難しくなってきたのです。

変わって増えたのが、従業員や第三者に事業を譲渡するMBOやM&Aです。中でも、急速に増えたのはM&A。この10年間で3倍以上に増えたという調査もあります。

M&Aのメリット

現在は、中小企業の8割が赤字企業だと言われています。
好不況の影響などを受けにくい恵まれた環境の薬局業界でも、厳しい状況に変わりはありません。

こうした中で、薬局業界も経営もわからない子供に継がせれば、高い確率で失敗するでしょう。

従業員に継がせるためには薬局を譲渡しないくてはなりません。

従業員は膨大な資金を用意する必要があります。店舗に借金があれば、それを引き継ぎます。ただし、そのようなリスクを犯してでも「オーナーになりたい!」と考える人は、残念ながら少数派です。

それに対してM&Aは、資金力も経営力もある企業に対して売るのですから心配はありません。多くの患者様を抱えていれば、仮に赤字会社であっても買い取ってもらうことは可能です。

将来が不透明で、難しい時代だからM&Aはますます盛んになるのです。


21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
  • 事業承継の知恵袋
  • 財務カイゼンの勘どころ
  • 21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
  • 薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
  • 薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法

上手に薬局を譲渡するための、
たった一つの方法

事業譲渡or株式譲渡私のお店はどちらが正解?薬局系事業承継の決定版です。

薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本

薬局オーナーのための
ハッピー・M&A読本

「経営者」「従業員」「患者」「医療機関」すべてを幸せにするM&Aの手法が1冊でわかる!アテック代表 鈴木孝雄著作です。


このページの先頭へ
0120-11-4721
お問い合わせ