【コラム】<br>財務カイゼンの勘どころ

ホーム > 薬局経営コラム > 財務カイゼンの勘どころ - 陥りがちな財務のワナ「運転資金が…ない!」

財務カイゼンの勘どころ - 陥りがちな財務のワナ「運転資金が…ない!」

手元資金がないのは、かなりの重症。

調剤薬局は、支払いサイトが長く、キャッシュには余裕がある業種……のはずです。にもかかわらず、

  • 「給料が払えない」
  • 「問屋支払いができない」
  • 「家賃を滞納している」
  • 「税金も滞納している」

こんなことが起きているとしたら、一大事。
一歩間違えば、明日にでも倒産しかねない状況というわけです。過去の事例からも、他の事業に手を出したり、どんぶり勘定の経営者に多いようです。

専門外の分野で業界を熟知していなかったり、数字を読まず勘だけで経営した結果、自社が儲かっているのか、いないのかわからず、手元のキャッシュが無くなって初めて大騒ぎする。よくある話です。調剤薬局であれば、最低でも売上の1ヶ月分以上のキャッシュを常に持っておくことが、精神的余裕につながります。

すでに資金が底をついている――。

支払いは、一回でも滞ればアウトです。
そうなる前に、社長様は、ご自身と法人をどうしていきたいのか、早急によく検討する必要があります。

すでに資金が底をついている。
この段階まで来ていると、店舗売却で資金を作っている時間は無いかもしれません。
かといって、金融機関がつなぎ融資を行うのも、困難でしょう。
そうならないためにも、危ないと思ったら、早めにその道のプロに遠慮なく相談することが大切です。

当社でも、最善の方法を検討していきますが、手遅れで全てを守ることができない場合もあります。その場合、何を取り、何を捨てるのか、優先順位を考え、オーナー様の意向をじっくりお聞きします。間違っても、高利金融にだけは手をつけないで下さい。もっと、前向きな解決方法を、当社と一緒に検討していきましょう。


21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
  • 事業承継の知恵袋
  • 財務カイゼンの勘どころ
  • 21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
  • 薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
  • 薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法

上手に薬局を譲渡するための、
たった一つの方法

事業譲渡or株式譲渡私のお店はどちらが正解?薬局系事業承継の決定版です。

薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本

薬局オーナーのための
ハッピー・M&A読本

「経営者」「従業員」「患者」「医療機関」すべてを幸せにするM&Aの手法が1冊でわかる!アテック代表 鈴木孝雄著作です。


このページの先頭へ
0120-11-4721
お問い合わせ