これまでと全く違う薬局にされるのでは?

ホーム > これまでと全く違う薬局にされるのでは?
これまでと全く違う薬局にされるのでは?Q.これまでと全く違う薬局にされるのでは?
その可能性は極めて低いです。何より、オーナー様のご希望を尊重させていただきます。A.その可能性は極めて低いです。何より、オーナー様のご希望を尊重させていただきます。

確かに、譲渡後の経営権は新オーナーにあるため、店舗名を変えることも、従業員の解雇も自由にできます。

しかし、これまでの実例では「店名は変わらず、同じスタッフがそのまま働き続ける」というケースは少なくありません。

すでに近隣の患者様や医療機関の信頼を得ていることこそが、薬局M&Aにおける売り手側の強み。譲渡した買い手が、あえてそのブランドを消すようなことをすれば、信頼を失い、ひいては売上が下がります。

そうしたリスクを、新オーナーの方々があえて選択する可能性は極めて低い、というわけです。

もちろん、交渉時に「店名を変えないこと」などを契約条件に入れるオーナーもたくさんいますし、私たちがそのお約束を確実に守らせて頂きます。


21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
  • 事業承継の知恵袋
  • 財務カイゼンの勘どころ
  • 21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
  • 薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法

上手に薬局を譲渡するための、
たった一つの方法

事業譲渡or株式譲渡私のお店はどちらが正解?薬局系事業承継の決定版です。

薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本

薬局オーナーのための
ハッピー・M&A読本

「経営者」「従業員」「患者」「医療機関」すべてを幸せにするM&Aの手法が1冊でわかる!アテック代表 鈴木孝雄著作です。


このページの先頭へ
0120-11-4721
お問い合わせ