引退するということ

ホーム > 引退するということ

リタイアしたくても、できない事情

「そろそろ第二の人生を楽しみたい」
「健康に自信がなくなった」
「薬局業界の変化についていくのが、しんどくなった」

本サイトにアクセスされた薬局オーナーの中には、さまざまな理由で“リタイア”を意識している人は少なくないでしょう。

しかし、薬局オーナーが引退するのは、そう簡単ではありません。

従業員、医療関係者、患者様などに大きな責任を負っているからです。
とくに調剤薬局が点在している地域での薬局の役割は重大です。

引退するためには、これまでお世話になったみなさんを困らせないための準備が必要です。
ところが、その準備が難しいのです。

最大の理由は後継者不在

なぜすんなりとリタイアできないのか?

それは、安心して後を託せる後継者がいないからです。

「子供に継がせたい」という人は多いでしょう。
しかし、現在、引退を考えている人のご子息世代は、多くが企業に務めるサラリーマン。
年齢的にもそれなりの地位に付いている方がほとんでしょう。
彼らに今の仕事を辞めさせて、畑違いの薬局経営を任せるのは、現実的ではありません。

セカンドベストは、従業員に次いでもらうことです。
しかし、高い志や経営マインドを持っている人材は、パパママストア的な薬局には集まりにくいものです。

結果として、いつまでも引退できず、働き続けることになる人が実に多いのです。

薬局を承継するとはマッチングすること

このように、薬局は後継者がみつからなくて困っています。

ところが、その一方で「薬局を継ぎたい」「買いたい」という声が多々あるのです。

それは「多店舗展開のスピードを加速したいと考えるチェーン店」「薬局のオーナーとして独立したいと考えている薬剤師」などです。

このような後継者と引退したいオーナーをマッチングすることが「薬局を承継する」ということ、すなわちアテックがお手伝いしている“薬局M&A”なのです。

複数の譲受希望者がいれば、後継者選びの選択肢が増えます。 また、しがらみもないので、「従業員を継続して雇って欲しい」「この伝統は必ず守って欲しい」「店名は必ず残すこと」といった条件をビジネスライクに提示できます。

これまで通りに地域で責任を果たせられると確信できれば、晴れて引退できるわけです。

一人で悶々としていても、後継者は現れません。

将来、「あの時、もっと真剣に後継者を探しておけばよかった」と後悔しないために、ほんの少しだけでかまいません。

私たちと行動を共にしてみませんか?

  • 薬局オーナー
  • 薬局M&A・薬局譲渡・薬局売買のアテック
  • 薬局後継者
  • 譲渡先候補の紹介
  • 譲渡条件の調整
  • 薬局価値評価を算定
  • 譲受案件の紹介
  • 譲受条件の調整
  • 資金調達の支援

21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
  • 事業承継の知恵袋
  • 財務カイゼンの勘どころ
  • 21世紀の薬局を元気にする!アテックの薬局経営支援サービス
  • 薬局を売りたい・買いたいを気軽にマッチング ファーママーケット pharmamarket
  • 薬剤師からオーナーへ 最初の一歩からお手伝い アポウィル apowill
上手に薬局を譲渡するための、たった一つの方法

上手に薬局を譲渡するための、
たった一つの方法

事業譲渡or株式譲渡私のお店はどちらが正解?薬局系事業承継の決定版です。

薬局オーナーのためのハッピー・M&A読本

薬局オーナーのための
ハッピー・M&A読本

「経営者」「従業員」「患者」「医療機関」すべてを幸せにするM&Aの手法が1冊でわかる!アテック代表 鈴木孝雄著作です。


このページの先頭へ
0120-11-4721
お問い合わせ